脱毛エステと家庭用脱毛器の比較サイト

脱毛初心者のための脱毛エステと家庭用脱毛器を比較するサイトです。

綺麗なお姉さん

2016年5月31日
から columbiaecovillage.net
どれだけ脱毛するかでエステかで庭用脱毛器かを決める はコメントを受け付けていません。

どれだけ脱毛するかでエステかで庭用脱毛器かを決める

脱毛をするときには、部分脱毛でいいのか、それとも全身脱毛をしたいのかを決める必要があります。

全身脱毛をするのなら、費用は多少かかりますが、仕上がり重視でエステへ行くほうがいいでしょう。全身という広い範囲を脱毛する場合は、エステのほうが時間と手間を大きく省くことができます。

全身脱毛の場合は、脱毛箇所は20近くにもなります。多少の個人差はありますが、腕、ワキ、足、背中、デリケートゾーン、顔などの脱毛箇所をパーツごとに丁寧に処理するのが全身脱毛です。

これだけの箇所をすべて処理するには、プロのエスティシャンが専用器具を使っても2、3時間は必要です。家庭用脱毛器は、1度に処理できる面積が小さいという弱点があります。家庭用脱毛器を使って素人が自分で全身の処理をしようとすれば、かなりの時間がかかってしまうでしょう。

IゾーンやOゾーン、あるいは背中などは自分では手が届きにくいため、自宅処理では仕上がりの確認がしにくいという問題もあります。こうした箇所の脱毛も含めるなら、エステ脱毛のほうがはるかに効率のいい処理が可能です。

それに対し部分脱毛なら、エステでも家庭用脱毛器でもどちらでもいいと思います。結果的にはどちらの場合もトータル費用、時間などはあまり変わらないからです。部分脱毛の場合どちらを選ぶかは、外出して脱毛をする手間をかける余裕があるかどうかにかかっています。

部分脱毛の対象となるのは、ワキやVゾーンなどの限られた範囲です。これくらいの範囲であれば、大手脱毛サロンのキャンペーンを利用すれば、わずか1回でランチ1回分くらいの費用で脱毛ができます。他方、家庭用脱毛器は、1度買ってしまえば何度でも使えるという費用上のメリットがあります。部分脱毛程度なら、費用のうえではどちらの方法にも大きな差はありません。

ムダ毛はもちろん2週間もすれば再生します。エステの営業時間内に通える人は、その都度エステサロンへ予約をいれればいいでしょう。忙しい人は、エステ通いの時間を節約するために、自宅で脱毛器を使えばいいと思います。脱毛に必要な総時間は同じでも、家庭用脱毛器を使うなら、家ですき間時間を使って処理ができます。自分の生活スタイルを考えて、どちらにするかを決めればいいのではないでしょうか。

エステか家庭用脱毛器かで悩んでいるときは、全身脱毛をしたいのか部分脱毛をしたいのかという自分の目的をまずははっきりさせてみてはどうでしょうか。

腕をあげる女性

2016年5月30日
から columbiaecovillage.net
脱毛はフラッシュとレーザーのどちらにすべきか はコメントを受け付けていません。

脱毛はフラッシュとレーザーのどちらにすべきか

脱毛施術の主流はフラッシュ脱毛とレーザー脱毛です。問題はどちらがより安全なのか、あるいはより効果が高いかということですね。

いま人気の家庭用脱毛器の多くはフラッシュ脱毛方式です。エステサロンの多くもフラッシュ式脱毛を採用しています。それに対し、レーザー脱毛はおもにクリニックで扱われています。一部の家庭用脱毛器のなかにもレーザー脱毛を謳っているものもありますが、流通量はかなり少ないようです。

2種類の脱毛方式も普及率に差があるのは、取り扱い上のむずかしさが関係しています。

レーザーは照射後に光がすぐに分散されます。そのためたとえ目で光を直接見るとしても、網膜を傷めるリスクは小さいといわれています。

それに対してレーザーははるかに強力です。たとえ意図的に光源を見ることがないとしても、効果を確認しようとしたときに膜目にリスクを負う可能性は大きいのです。レーザーを使用するなら、使用者は目を守るためにサンバイザーをかならずつける必要があります。

このため取り扱いのむずかしいレーザー脱毛は、医療機関であるクリニックでおもに扱われています。素人でも扱えるフラッシュ式が、家庭用脱毛器やエステを中心に普及したのはとうぜんです。

肝心の脱毛効果については、フラッシュ式もレーザー式も永久脱毛はむずかしいようです、ただクリニックで医療関係者が行うレーザー式脱毛のほうが、照射力はより強力です。そのためかなり長い期間ムダ毛が生えない、埋没毛ができにくいなどの利点もあります

そのかわり、レーザー脱毛にはやや強い痛みがあります。輪ゴムで弾かれている程度の痛みだという人もいますが、痛覚は人によって違います。なかには強いレーザーだとどうしても肌荒れをおこしてしまうこともあるかもしれません。

より確実で長い効果を求めるならレーザー脱毛も考えてもいいでしょう。そのほうがコストも低くなります。でも少しくらい時間がかかっても痛くない脱毛がいいと思うなら、エステにせよ家庭脱毛にせよ、フラッシュ式を選ぶほうがいいのかもしれません。

エステ脱毛

2016年5月29日
から columbiaecovillage.net
エステで脱毛してもらっても失敗することもある はコメントを受け付けていません。

エステで脱毛してもらっても失敗することもある

丁寧で仕上がりがきれいなことがエステ脱毛のいいところです。でもプロのエステシャンに頼んでも、脱毛がうまくできないことはあります。思ったような仕上がりではないばかりでなく、肌に悪影響がでてしまう可能性もあります。エステならぜったいに大丈夫だと安心せず、申し込みをするまえに安全性についてよく検討するうようにしましょう。

エステの脱毛でもっとも多いのは、処理後に肌が赤く腫れる被害です。エステではフラッシュかレーザー、あるいはニードルで毛根を破壊して脱毛します。この刺激が強すぎると、刺激した毛穴周辺の肌が炎症をおこします。

フラッシュやレーザーによる被害は、家庭用脱毛器を使う場合にももちろんおきることがあります。こういう被害が怖いからこそ、多くの人は自己処理をやめてエステに申込むわけです。でもエステでも、皮膚の炎症を完全に防ぐことはできません。エステシャンの腕が未熟なこともあるからです。

エステの脱毛は肌にやさしいはずだと過信せず、事前にカウンセリングをしっかり受けることが大切です。

永久脱毛に近い効果がえられるニードル脱毛も、直後に肌が腫れる被害の多い施術です。この脱毛方法では、毛穴に針を直接差し込んで毛根を破壊します。肌が弱かったり、エステシャンの技術が低かったりすると、肌からいつまでも赤味がひかない、肌が熱をもっている、かさぶたができるなどの影響がでてしまいます。

デリケートゾーンをニードル脱毛するときには、とくに注意が必要です。永久脱毛したいならニードルがいいよと勧められるかもしれませんが、申し込みまえにリスクもよく考えるほうがいいでしょう。

施術への心配を最小限にしたいなら、皮膚科のクリニックで脱毛をしてみるといいかもしれません。

クリニックには医師がかならずいます。脱毛処理後に腫れなどがおきても、医師がすぐに適切な処置をしてくれます。クリニックでは、脱毛のためにフラッシュ照射をするのも医師か看護士です。研修をうけているとはいえ、医学的知識のないエステシャンよりは、医療従事者に任せるほうが安心感があるでしょう。

腕

2016年5月28日
から columbiaecovillage.net
人気の家庭用脱毛器ケノンは本当に効果があるのか はコメントを受け付けていません。

人気の家庭用脱毛器ケノンは本当に効果があるのか

数ある家庭用脱毛器のなかでも、とくに高い人気を誇っているのがケノンという商品です。フラッシュ式で、痛くない脱毛ができるところがケノンの人気のポイントです。

現在のところ、ケノンのお値段は7万円前後。これを高いと考えるか安いと考えるかはその人次第でしょう。どれだけムダ毛が生えているのかによって、ケノンのお得感は変わってくるかもしれません。

たとえばかなり毛の濃い人がエステで脱毛をしようとするとどうなるでしょうか。通う頻度は、毛の再生周期に合わせて2週間ごとが理想的です。2週間ごとに脱毛処理をするとして、効果がわかるまでに3ヶ月程度は必要です。サロンによっては、そのために必要な費用は20万円をかるく超えてしまいます。

ケノンなら、約2週間ごとに自分で施術をするとしても、費用は購入時のお金だけで済みます。たしかに消耗品のカートリッジを交換する必要はあります。でもケノンのカートリッジは1万回のフラッシュができるので、じつは頻繁な買い替えはしなくて大丈夫です。少なくともさいしょのカートリッジを使っているうちに、ムダ毛が減ってきたと実感することができるでしょう。

ケノン愛用者が多いもうひとつの理由は、フラッシュの強度を10段階に調節できることです。自分の肌の状態や脱毛したい箇所に合わせて、利用者は自由にレベル設定ができます。経済的なだけでなく、きめ細かな配慮のある家庭脱毛を実現させた商品がケノンです。

肌がもとから弱い人は、レベル2、3程度の強度で安心に脱毛をすることができます。レベルを最弱に設定すれば、デリケートゾーンや顔の脱毛も可能です。

肌が丈夫で、少しでも早くムダ毛をなくしたい人は、高いレベルでフラッシュを照射してもかまいません。かなり強いレベルで脱毛しても、施術後に肌をしっかり冷やせば、ケノンのために肌を傷めることはないようです。

とはいえ購入するまえには、いろいろと知っておきたいこともあります。どれくらいの脱毛効果があるのか、熱さや痛さはまったくないのか、1回の脱毛にかかる時間はどれくらいか、大きな音などはしないのかなど、気になることはたくさんあるでしょう。買うまえに、ケノンの体験談をチェックしておくと安心です。
ケノンの効果を口コミレビュー【恥ずかしい】ビフォーアフター見る?

他社製品と比べても、経済的で使いやすい商品がケノンだと思いました。まずまずのお値段であることは確かですが、結果的には1番お安くキレイな脱毛ができるのはこちらなのかもしれませんね。

スキンケアをする女性

2016年5月27日
から columbiaecovillage.net
家庭用脱毛器を使うときに気をつけること はコメントを受け付けていません。

家庭用脱毛器を使うときに気をつけること

自宅でいつでもできるのが家庭用脱毛器のいいところです。エステに通う時間も惜しい人なら、まずは家庭用脱毛器を試したくなるでしょう。同じ脱毛器を何年でも使えるので、エステで施術をうけるよりは安く脱毛ができることも事実です。

ところがこうした脱毛器が原因でおこるトラブルは案外多いのが現実です。家庭用脱毛器によるトラブルは、ほぼ100%が自己責任となります。安全に脱毛をするために、こうした機器を扱うときにはいくつかの注意を守るようにしましょう。

もっとも多いトラブルはやけどです。家庭用脱毛器はフラッシュ式かレーザー式のものがほとんどですが、どちらのタイプでもやけどはおこります。

皮膚のうえに出ている毛を焼ききるレーザー式は、出力を上げすぎるとすぐにやけどをおこすのでとくに注意が必要です。皮膚の弱いワキやデリケートゾーンを脱毛するなら、もっとも弱い出力で施術をしましょう。脱毛後は肌をしっかり冷やし、トリートメントをすることも必要です。

一見安全そうなフラッシュ式でもやけどをおこす人はいます。フラッシュ式とは、毛の黒さに反応する光を照射して脱毛するシステムです。しかし肌を黒く焼いている人がフラッシュ式脱毛をすると、肌のメラニン色素にまで光が反応し、表皮が破壊されることがあります。

フラッシュ式の事故を防ぐには、肌の日焼けが落ち着くのを待ってから脱毛をするしかありません。

大きなホクロやタトゥーがある箇所の脱毛も避けるべきです。黒い色素に光が反応することで、やけどをする危険が高くなります。どうしてもこういう場所もフラッシュ式で脱毛したい場合は、ホクロやタトゥーをバンドエイドなどで隠すようにしましょう。

レーザー式でもフラッシュ式でも、施術後は肌をしっかりトリートメントましょう。家庭用脱毛器を使ったあと、肌はかるい炎症をおこしています。なにより大切なのは、肌を冷やして炎症を鎮めることです。それから角質を保護するために、ローションをしっかり塗ると肌の乾燥を防ぐことができます。

いくつかの注意を守り、肌の潤いを保つように気をつければ、家庭用脱毛器でのトラブルは防ぐとができます。うまく使えば便利なものなので、正しい使い方をまずはしっかりと覚えたいものです。

後姿のビキニ女性

2016年5月26日
から columbiaecovillage.net
エステ脱毛の人気が最近高い理由 はコメントを受け付けていません。

エステ脱毛の人気が最近高い理由

脱毛ならエステに行くという人はたくさんいます。ひと昔まえなら自分で処理するのはあたりまえ、脱毛くらいでエステへ通うのは芸能人くらいだと思われていたこともありました。でもいまは一般人でもあたりまえのようにエステサロンへ通えるような時代です。

エステの脱毛が身近になった第1の理由は料金の低下です。業界内で顧客獲得競争がはげしくなったせいか、ここ数年はどのエステサロンでも脱毛プランの料金は下がるばかり。こんなにリーズナブルなら1度試してみようかと、だれでも気軽にサロンへ行けるようになりました。

もうひとつの理由は、予約が比較的とりやすくなったことでしょう。店舗によって差はありますが、予約システムの工夫で、どのお客様でも希望の時期にサロン通いができるように配慮されています。

少しまえなら、夏の近づく6月あたりからは脱毛のお客さんでどこのサロンも予約はいっぱいでした。せっかくコースで申込んだのに、肝心の夏までに脱毛処理が終えられなくて怒る顧客の方もとうぜんいました。予約が取りやすくなっただけでも、エステへ行ってもいいなと考える人は増えたはずです。

3つ目の理由はエステシャンの技術が向上したことです。主要なエステサロンでは、施術者はしっかりとした研修をうけた人をそろえています。脱毛機器の取り扱いはもちろん、脱毛まえの肌の処理技術もかなりのレベルです。いままで見たこともないほどつるつるの肌になり、感動して全身脱毛を申込むお客様もいるそうです。

以前は高いコースの押し付けや宣伝ばかりで、かんじんの脱毛技術はおそまつ、なんて施術者もいましたからね。脱毛エステ業界自体のレベルが上がり、いまでは顧客がどれだけ満足を感じられるかが重視されるようになりました。

4つ目の理由は、自分ではできない部位まできれいに処理してもらえることです。たとえば自分では手の届かない背中も、エステなら十分に処理をしてもらえます。体毛が恥ずかしくて、背中の開いたドレスや大胆なビキニを着れなかった人も、いまならエステへぜったいに行くでしょうね。

最近のエステ脱毛はどんどん通いやすくなっています。いずれはヘアサロンへ行くように、だれにとっても身近なものになっていくのかもしれません。

女性の脚

2016年5月25日
から columbiaecovillage.net
家庭用脱毛器でトクしたと思うときとソンしたと思うとき はコメントを受け付けていません。

家庭用脱毛器でトクしたと思うときとソンしたと思うとき

エステ通いと比べてみて、家庭用脱毛器でムダ毛を処理することを選ぶ人はたくさんいます。家庭用脱毛器の人気の1番の理由は、費用の安さでしょう。商品によってはまずまず高いものもあります。でもエステで契約をすることに比べれば、家庭用脱毛器なら圧倒的に安く脱毛処理ができるのはまちがいありません。

ムダ毛処理がやっかいなのは、処理を続けないと何度でも毛が再生してくることです。毛根を破壊する永久脱毛処理をしなければ、ムダ毛処理は果てしなく続きます。

家に脱毛器が1台あれば、そろそろ生えてくるなというタイミングで自分で暇な時間を使ってムダ毛を処理できます。エステに予約を新たに入れて通いなおすよりは、自分だけの脱毛器を買ってしまおうと考える人が多いのは当然でしょう。費用だけでなく、家庭用脱毛器があれば時間もかなり節約できるのです。

ところが家庭用脱毛器は万能ではありません。脱毛器でしばらくがんばってみたけれど、結局はエステ通いに変えたという人もいるからです。

家庭用脱毛器に満足できない1番の理由は、仕上がりがいまいちなことです。プロによる丁寧な仕上げと違い、自分でする脱毛は雑になりがちです。とくに処理のむずかしいデリケートゾーンは、プロと素人の処理では仕上がりに明らかな差がでます。

肌のトリートメントを怠ったばかりに、家庭用脱毛器を使ったあとで肌が荒れてしまうことも珍しくありません。敏感肌のひとは、家庭用脱毛器の使用には細心の注意が必要です。

肌のうえにみえている毛を処理するタイプの家庭用脱毛器を使う場合は、かなり頻繁にムダ毛処理を行う必要があることを覚悟しましょう。毛根が生きているかぎり、ムダ毛は何度でも生えてきます。ムダ毛が生えかけている肌は見た目も手触りもよくありません。一般には2週間おき、人によっては4、5日おきに自宅で脱毛処理を続ける必要があります。

手間がかかるだけならいいのですが、使い続けるうちに費用もかさんできます。使っているうちに家庭用脱毛器はキレがなくなってくるからです。理由はカートリッジなどの消耗です。元のような効果をとりもどすためには、消耗品を交換しなければいけません。家庭用脱毛器ならとにかく安いとばかりはいえないのは、消耗品の問題があるためです。

エステ通いにも家庭処理にもトクとソンの両面があります。大切なのは、脱毛を始めるときに、自分にはどちらの方法がよりトクかなと考えて選択することです。

エステのカウンセリング

2016年5月24日
から columbiaecovillage.net
脱毛エステは高くつくというウワサは本当か はコメントを受け付けていません。

脱毛エステは高くつくというウワサは本当か

薄着の季節が近づくと、脱毛が大きな悩みになりますね。自分で自宅処理をする人もいれば、脱毛サロンへ通ってプロに処理してもらうという人もいます。

どちらがいいのかはひと口ではいえません。ご本人の体毛の量や質、全身脱毛を目指すのか部分脱毛でいいのか、いつ頃までに処理を完成させたいのか、予算をどれくらい用意しているかなどをよく考えてみましょう。ご自分にあった条件でよりふさわしい方法を選べば、後悔のない脱毛ができるはずです。

よく聞くのは、脱毛エステは高いという口コミです。プロが丁寧に処理してくれるので完成度は高く、肌荒れの心配も低いはずなのに、こういう不満がちらほら聞こえてくるのはなぜなのでしょうか。

よく聞いてみると、脱毛エステの料金の高さにまいったという人にはある共通点があります。それはカウンセリングが甘かったということです。エステシャンの言うとおりにいきなり回数契約を結ぶのは、脱毛初心者にはリスクが高いといえます。

カウンセリング時に、これなら5回の脱毛処理で完成しますよとエステシャンにいわれるとします。顧客はそれを信じて5回分の脱毛プランで契約をしますね。ところが実際に始めてみると5回では不十分だとわかります。最終的には追加料金を払って、顧客は残り数回の脱毛を続けることになるというパターンがよくあります。

これは見通しの甘かったエステシャンを責めたいところです。ですが責めてもお金は戻りません。こういうミスはじつはよくあることなのだと自覚し、顧客の方からも脱毛プランに意見をのべるくらいの心構えをもつようにしましょう。

最近はいろいろなエステで脱毛のお試しキャンペーンをやっています。いきなり数回の契約を結ばずに、こうしたキャンペーンをまずは体験してみてはどうでしょうか。

キャンペーン対象になっているのは、たいていはワキなどの狭い範囲の脱毛です。それでもこれを体験すれば、1回のエステでどの程度の脱毛処理が自分はできるのかがだいたいわかると思います。

そこの処理効果やサービスが気にいれば、さらにほかの部位の脱毛も同じエステでお願いするのがベストです。キャンペーンのときの脱毛具合をみながらエステシャンと相談をして、むりのない脱毛プランを作ることもできるでしょう。

予約がとりやすい店舗かどうかも、脱毛エステではチェックポイントのひとつです。必要以上にお金をかけずに済ませるには、自分のペースで予約を取りやすいエステと契約する必要があります。

せっかく脱毛処理をしてもらっても、毛の生え変わるサイクルがくると無駄毛はまた生えてきます。毛が生えてくるまえに次の脱毛処理をしなければ、いくらエステに通っても意味がなく、また一からやり直しということになります。処理の期間が開きすぎるのは、脱毛が完成するまでの時間を長くし、お金の支払いを増やしてしまう大きな原因です。

こういうことに注意すれば、脱毛エステで思いもかけず高くついたということはなくなるかもしれませんね。